メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 汚染廃棄物処理 黒川圏域も試験焼却 22日着手、計30トンを予定 /宮城

 東京電力福島第1原発事故による放射性物質に汚染された農林業系廃棄物の処理問題で、大和町などで構成する黒川地域行政事務組合(黒川圏域)は22日、試験焼却に着手する。昨年12月に県との間で試験焼却する方針を確認した4圏域のうち、実施に踏み切るのは3月の仙南(白石市など)に続き2圏域目となる。

 同組合によると、試験焼却するのは、大和町、大郷町、大衡村に残る汚染稲わらや牧草計約146トンのうち、約30トン。放射性セシウムの濃度は…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文534文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです