メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 汚染廃棄物処理 黒川圏域も試験焼却 22日着手、計30トンを予定 /宮城

 東京電力福島第1原発事故による放射性物質に汚染された農林業系廃棄物の処理問題で、大和町などで構成する黒川地域行政事務組合(黒川圏域)は22日、試験焼却に着手する。昨年12月に県との間で試験焼却する方針を確認した4圏域のうち、実施に踏み切るのは3月の仙南(白石市など)に続き2圏域目となる。

 同組合によると、試験焼却するのは、大和町、大郷町、大衡村に残る汚染稲わらや牧草計約146トンのうち、約30トン。放射性セシウムの濃度は…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文534文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  3. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです