メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大雨被害

雄物川3カ所氾濫 土砂崩れや浸水相次ぐ /秋田

 低気圧の影響などにより県内各地に降った大雨のため、19日朝、雄物川が3カ所で氾濫した。18日には秋田市など4市4町で避難勧告が出された。けが人はなかったが、土砂崩れや住居への浸水などが相次いだ。【森口沙織、川口峻】

 秋田地方気象台によると、降り始め(17日午後6時)から19日午後4時までの主な総雨量は、北秋田市阿仁合222・5ミリ▽仙北市田沢湖高原203・5ミリ▽同市鎧畑188ミリ▽鹿角市八幡平172・5ミリ▽五城目170ミリ--など。秋田市では18日午後11時20分までの24時間降水量が156・5ミリで観測史上最高値となった。

 国土交通省は19日朝、雄物川が氾濫したと発表。秋田市雄和向野地区と、大仙市寺館、協和峰吉川の両地区で確認され、水田などが冠水した。

この記事は有料記事です。

残り765文字(全文1099文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 東京都 新たに180人以上の感染確認 1日で最多 新型コロナ

  3. 緊急事態 愛知知事が対象追加を要請 10日午後、県独自で宣言

  4. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  5. 「客激減」「3連休の緩み」くっきり データで見る“自粛”度合い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです