メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北陸ひと模様

「やよい会」世話人代表 中嶋良三さん(78) /福井

「やよい会」世話人代表の中嶋良三さん=福井市で、岸川弘明撮影

安心の場、不登校相談32年

 「自分の子育てが間違っていたのではないか」「いつまで続くのか先が見えない」「子供にどう接していいか分からない」

 登校拒否やひきこもりの子供とどう向き合うべきか。親同士がそんな悩みを打ち明け合う相談会「やよい会」を福井市で1986年から続け、これまでに300人以上が参加した。「ほとんどの場合、原因は分からない。だからこそ、つらい。ひきこもる本人だけでなく、親の負担も大きい」と話す。

 県立高校の元教諭。相談会の設立は、自身の長男が中学生の時に突然、学校に行かなくなったのがきっかけだった。保護者として呼ばれた中学校で、泣き崩れる他の不登校生徒の母親を見た。「親同士が安心して相談し合える場所が必要だ」と思った。

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文934文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 日産、全契約社員を正社員に 国内拠点の事務職800人弱 4月から

  4. 首相、施政方針で低姿勢に終始 「世論に振り回されている」漂う手詰まり感

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです