メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

播磨臨海道路

「早期実現が不可欠」 事業化促進へ決議 姫路で大会 /兵庫

播磨臨海地域道路整備促進大会で、早期事業化に向けて「頑張ろう」と三唱する参加者ら=兵庫県姫路市西延末の市文化センターで、待鳥航志撮影

 播磨臨海地域(明石、加古川、高砂、姫路各市、稲美、播磨、太子各町)での慢性的な交通渋滞解消のため、「播磨臨海地域道路」の早期事業化を国に求める整備促進大会(県、播磨臨海地域道路網協議会など主催)が19日、姫路市西延末の市文化センターで開かれた。自治体関係者や市民ら計約2900人が集まり、国交省関係者や国会議員に要望書を提出した。

 全国有数のものづくり拠点として発展してきた播磨臨海地域では、東西交通の要となる国道2号バイパスで1…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文520文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  2. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  3. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです