うちわまき

宙舞う御利益、受け止めて 奈良・唐招提寺 /奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 奈良市五条町の唐招提寺で19日、750年以上続く伝統法要「中興忌梵網会(ちゅうこうきぼんもうえ)」が営まれ、ハート形のうちわ(宝扇(ほうせん))を授ける「うちわまき」があった。僧侶が鼓楼から約500本のうちわをまくと、参拝客たちは手を広げて受け止めていた。

 うちわまきは、鎌倉時代に寺を復興させ、不…

この記事は有料記事です。

残り164文字(全文314文字)

あわせて読みたい

ニュース特集