サテライトオフィス

誘致へ拠点開設 阿南市長「事業推進に期待」 /徳島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
式典でテープカットをする徳島県阿南市の岩浅嘉仁市長(左から4人目)ら=同市那賀川町上福井で、大坂和也撮影
式典でテープカットをする徳島県阿南市の岩浅嘉仁市長(左から4人目)ら=同市那賀川町上福井で、大坂和也撮影

 県外企業などの遠隔地業務(テレワーク)の拠点となるサテライトオフィス(SO)を誘致するモデル施設「あなんスマート・ワークオフィス」が19日、阿南市那賀川町上福井にオープンした。この日の式典で、岩浅嘉仁市長は「本市におけるテレワーク事業がこれまで以上に推進されることを期待する」とあいさつした。【大坂和也】

 県内では昨年12月時点で、11市町村に56社のSOがあり、阿南市は1社のみだった。同市は市内にSOを持つことを検討する企業に対し、2週間程度の「お試し」で同施設を利用してもらうことで、誘致を目指す。2週間を超える場合は1日1000円など使用料が発生する。

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文558文字)

あわせて読みたい

注目の特集