連載

四国人

四つの国には熱意を持った人々がいる。四国人(しこくびと)を紹介する。

連載一覧

四国人

/15 大阪から高知に移住しビール造り 瀬戸口信弥さん /四国

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「TOSACO」を手にする瀬戸口信弥さん=高知県香美市で、松原由佳撮影
「TOSACO」を手にする瀬戸口信弥さん=高知県香美市で、松原由佳撮影

妻と飲める味わい探求 瀬戸口信弥(せとぐち・しんや)さん(31)

 ビールが苦手な妻と一緒に楽しめるビールを造りたい--。そんな思いを抱き、大阪府から高知県香美市に移住して、ビール造りに取り組む男性がいる。高知カンパーニュブルワリーの代表、瀬戸口信弥さん(31)だ。今年4月から高知県産素材にこだわったクラフトビールを販売し、人気を博している。

 大阪市出身。大学で電気工学、大学院ではバイオサイエンスを学び、卒業後は大阪府内の電機メーカーに就職した。エンジニアとして働く中で、「自分が一番作りたいものは何か」と考え直したところ、思い浮かんだのが大好きなビールだった。

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文977文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集