メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

悪質反則 日大・内田監督が辞意 関学大に謝罪 指示有無、明言せず

 アメリカンフットボールの関西学院大との定期戦(6日、東京)で、守備選手が相手に悪質なタックルをして負傷させたことを受け、日本大の内田正人監督(62)が19日、大阪(伊丹)空港と羽田空港で報道陣の取材に応じ、監督を辞任する意向を明らかにした。内田監督は「問題は全て私の責任。弁明はいたしません」と述べた。同日、兵庫県西宮市内で関学大の鳥内秀晃監督(59)や負傷した選手、保護者らと面会して謝罪した。悪質なタックルを生んだ指示の有無は24日に関学大にする再回答で経緯を伝えるとしている。

 空路で帰京した内田監督は、羽田空港で待ち構えた報道陣に対して一連の騒動を改めて陳謝。無数のカメラの…

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文965文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 四国から東日本、23日にかけて大雨の恐れ 台風20号接近 警戒呼び掛け

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです