メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

米朝首脳会談の行方 対話継続合意までか=ビル・エモット 英誌「エコノミスト」元編集長

ビル・エモットさん=手塚耕一郎撮影

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と米国のトランプ大統領の歴史的な首脳会談が近づく。どちらが有利で、どちらが不利かという問いは、どんな交渉においても重要だ。一方が不動産界の大物で、著書に「取引術」(邦題「トランプ自伝-不動産王にビジネスを学ぶ」)があるだけに、その問いはさらに重要になる。

 オバマ前大統領とは対照的なトランプ氏の北朝鮮に対する強硬姿勢によって米朝首脳会談が実現する、という…

この記事は有料記事です。

残り1553文字(全文1755文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  4. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  5. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]