メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
世界経済・見て歩き

イタリア 最大級の見本市「ミラノサローネ」 日本の「技」に注目 中小企業、海外に販路探る

せったの産地で知られる奈良県三郷町の「デザインセッタサンゴウ」は地元職人が手掛けた新作を出展。かわいらしいデザインが来場者を魅了した=2018年4月17日、ミラノ市内で三沢耕平撮影

 モノづくりに携わる企業や個人が最新作を披露する世界最大級の見本市「ミラノサローネ」が4月、ミラノ市内で開かれた。日本からも多くの企業が「たくみの技」を注いだ自慢の品々を出展。日本が誇るクールジャパンは外国人の目にどう映るのか。180カ国以上から約40万人が訪れ、お祭りムード一色に染まった市内を歩いた。

 「許されるなら全て買い占めたいわ」。多くの日本企業が出展ブースを設けたミラノ中心部・トルトーナ地区…

この記事は有料記事です。

残り1737文字(全文1939文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

  3. 道具いらず煮干しの解剖 夏休みの自由研究におすすめ

  4. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  5. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです