メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消費者庁

消費者被害情報、SNSから収集

 消費者庁は、会員制交流サイト(SNS)の投稿から、消費者被害や事故の情報を収集し、注意喚起や関係機関への情報提供に役立てると明らかにした。「消費者基本計画工程表」の改定案に盛り込まれ、内閣府消費者委員会が、「妥当」と答申した。今年中に実施する見通し。

 消費者庁の情報収集は、各地の消費生活センターへ…

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文341文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです