メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦 第4局 羽生、長考の連続

 <大和証券>

 佐藤天彦(あまひこ)名人(30)に羽生善治竜王(47)が挑戦し、福岡市のアゴーラ福岡山の上ホテル&スパで19日に始まった第76期名人戦七番勝負第4局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、九州電力、QTnet協力)は午後6時31分、佐藤が47手目を封じて1日目を終えた。持ち時間各9時間のうち消費時間は佐藤3時間12分、羽生4時間54分。20日午前9時に対局を再開する。

 佐藤は3連覇、羽生はタイトル獲得数100期と名人通算10期の大台達成を目指す。第3局まで全て先手が…

この記事は有料記事です。

残り857文字(全文1106文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  3. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  4. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです