メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジェネレーション4

昔のアーケードゲームが遊べるゲーム機 7月5日に発売延期

ゲーム機「ジェネレーション4」

 シューティングゲームの「R-TYPE」や「フォーメーションZ」など昔のアーケードゲームが遊べるゲーム機「ジェネレーション4」の発売日が、31日から7月5日に延期されることが明らかになった。「R-TYPE LEO」などを収録した43作品のうち7タイトルで、データをセーブできないことが分かり、修正に時間がかかったため。

 「R-TYPE LEO」「クロスブレイズ」「魔法警備隊ガンホーキ」「ザビガ」「ファイティングファンタジー」「ロードオブキング」「天聖龍」は、ゲーム途中でのセーブができないが、通常のプレーに支障はないという。

 「ジェネレーション」シリーズは、昔のソフトを内蔵したゲーム機のシリーズ。「ジェネレーション4」はアーケードゲームを重視したのが特徴で、全43作品のうち42作品がアーケードゲームとなる。アイレム(22作品)とデータイースト(16作品)、ジャレコ(5作品)の計43作品を収録した。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 米軍 世界のF35全機を飛行停止 米南部で墜落、検査
  3. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
  4. 米国 F22ステルス戦闘機 ハリケーンで損傷か
  5. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです