メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジェネレーション4

昔のアーケードゲームが遊べるゲーム機 7月5日に発売延期

ゲーム機「ジェネレーション4」

 シューティングゲームの「R-TYPE」や「フォーメーションZ」など昔のアーケードゲームが遊べるゲーム機「ジェネレーション4」の発売日が、31日から7月5日に延期されることが明らかになった。「R-TYPE LEO」などを収録した43作品のうち7タイトルで、データをセーブできないことが分かり、修正に時間がかかったため。

 「R-TYPE LEO」「クロスブレイズ」「魔法警備隊ガンホーキ」「ザビガ」「ファイティングファンタジー」「ロードオブキング」「天聖龍」は、ゲーム途中でのセーブができないが、通常のプレーに支障はないという。

 「ジェネレーション」シリーズは、昔のソフトを内蔵したゲーム機のシリーズ。「ジェネレーション4」はアーケードゲームを重視したのが特徴で、全43作品のうち42作品がアーケードゲームとなる。アイレム(22作品)とデータイースト(16作品)、ジャレコ(5作品)の計43作品を収録した。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  3. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです