メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジェネレーション4

昔のアーケードゲームが遊べるゲーム機 7月5日に発売延期

ゲーム機「ジェネレーション4」

 シューティングゲームの「R-TYPE」や「フォーメーションZ」など昔のアーケードゲームが遊べるゲーム機「ジェネレーション4」の発売日が、31日から7月5日に延期されることが明らかになった。「R-TYPE LEO」などを収録した43作品のうち7タイトルで、データをセーブできないことが分かり、修正に時間がかかったため。

 「R-TYPE LEO」「クロスブレイズ」「魔法警備隊ガンホーキ」「ザビガ」「ファイティングファンタジー」「ロードオブキング」「天聖龍」は、ゲーム途中でのセーブができないが、通常のプレーに支障はないという。

 「ジェネレーション」シリーズは、昔のソフトを内蔵したゲーム機のシリーズ。「ジェネレーション4」はアーケードゲームを重視したのが特徴で、全43作品のうち42作品がアーケードゲームとなる。アイレム(22作品)とデータイースト(16作品)、ジャレコ(5作品)の計43作品を収録した。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. カフェイン中毒死 九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲
  3. 資産家急死 飼い犬死骸を捜索 覚醒剤成分有無を調査へ
  4. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女
  5. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]