講演会

舌がん乗り越え スノボ全国大会2位の渡部さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
講演で「諦めないことの大切さ」などを訴えた渡部さん=平塚市で2018年5月19日、渡辺明博撮影
講演で「諦めないことの大切さ」などを訴えた渡部さん=平塚市で2018年5月19日、渡辺明博撮影

 2度の舌がん手術を乗り越え、神奈川県平塚市役所で勤務しながらスノーボードの全国大会で2位となる活躍をした渡部亮さん(38)が19日、同市八重咲町のひらつか市民活動センターで、病気のどん底からはい上がった人生をテーマに講演した。「がんを知り、夢を持ち、諦めないことの大切さ」を訴え、支えてくれた家族に感謝した。【渡辺明博】

 渡部さんは2015年夏、耳に水がたまったことから耳鼻咽喉(いんこう)科を受診し、舌の異常が見つかった。別の病院で初期の舌がんと診断され「頭が真っ白になった」。1週間後に舌の3分の1を切除したが、数カ月後に再発、リンパ節への転移も認められた。2度目の手術では舌の半分を摘出し、腕の筋肉で舌を再建した。「痛みとの戦い。時間がたつことだけを願っていた」と当時を振り返った。

この記事は有料記事です。

残り497文字(全文842文字)

あわせて読みたい

注目の特集