メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大阪府北部で震度6弱 津波の心配なし
改正道交法

施行3年 自転車マナー改善傾向

自転車で下校する高校生に安全運転を呼びかける長野中央署の署員ら=長野市鶴賀田町の田町西交差点で、島袋太輔撮影

 違反行為を繰り返した自転車運転者に安全講習を受けることを義務づける改正道路交通法が2015年6月に施行されてから、間もなく3年。事故増加を背景にした法改正では「自転車は車」であることが強調された。長野県内の自転車利用者のマナーや事故防止対策はどう変わったのか。

     「イヤホンをつけたままでは危険なので外してください」「歩行者とぶつかるので、横断歩道では自転車横断帯を走ってください」。5月15日夕、長野市の田町西交差点で、長野中央署の署員らが自転車に乗る人に安全運転を呼びかけていた。この交差点は国道406号と市道が交わり、長野電鉄権堂駅もそばにある。この時間帯、歩行者や自転車で下校する学生、帰宅する車で混雑する場所だ。違反行為で注意を受ける自転車利用者も見られた。

     ヘルメットを着用し、歩行者の邪魔にならないようにルールを守って自転車に乗っていたのは、長野市東町の自宅から約15分かけて通学している長野日大中3年の斎藤吉弥さん(14)。斎藤さんは小学6年の時、自宅近くで自転車に乗っていたとき、交差点で右から来た乗用車と出合い頭に衝突し、右足を骨折するなど全治3カ月の重傷を負った。道幅が狭く、見通しの悪い交差点で止まらずに飛び出したという斎藤さんは、それから交差点内での安全確認を徹底するようになった。

     年々、県内の自転車事故は減っており、違反行為者に対する自転車指導警告票の交付は、法改正直後の15年6月1日~12月の半年だけで1670件だったが16年は1885件▽17年は1682件--と減少傾向にある。また、県内では、14歳以上の人が3年間に2回以上の摘発で受ける有料講習を命じられた例はない。

     県警交通企画課は「傘を差したりスマホを見たりしながら運転する人は減っており、多少、法改正の影響はあった。マナーが良く、一度摘発されたら改善している」としている。

     自転車利用者のマナーが改善する一方で、県などは自転車専用通行帯(自転車レーン)の整備を進めている。軽車両である自転車の通り道を車道の左端にして、地面を青く塗装し車の進入を防ぐようにしている。17年3月末現在、県内では約2万8019キロが整備されている。

     しかし、海外の自転車事情に詳しい日本自動車教育振興財団の上橋義弘専務理事は、オランダの自転車レーンと比較すると、日本は整備が甘いと指摘する。日本の自転車レーンは交差点になると途切れてしまっているが、オランダは交差点でも自転車レーンが切れ目無く破線で続いているという。

     上橋専務理事は「交差点で自転車レーンが途切れることで、ドライバーの視認性や注意力が落ちるため、事故につながる。自動車が優先すると勘違いする」と指摘。事故を防ぐために「ルールを守ると同時に、自転車は軽車両の一部という認識を、道路整備にも徹底する必要がある」と訴えた。【島袋太輔】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
    2. 地震 大阪府北部で震度6弱
    3. 新潟県立高 女子の男子いじめ動画 ネット拡散 批判殺到
    4. JR大宮駅 駅員の胸たたいた容疑 世田谷区の女職員逮捕
    5. 高校バスケット 審判に暴行映像、SNSで一気に広まる

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]