メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NHK杯体操

男子個人総合 内村が10連覇

【NHK杯体操男子】鉄棒の演技を終え、笑顔を見せる内村航平=東京体育館で2018年5月20日、徳野仁子撮影

 体操の世界選手権(10月開幕、ドーハ)の代表選考会を兼ねたNHK杯は最終日の20日、東京体育館で男子個人総合が行われ、内村航平(リンガーハット)が優勝を果たし、10連覇を達成した。

 4月の全日本選手権個人総合の予選と決勝の得点と、この大会での得点の合計で争われ、全日本選手権で首位と0.832点差の3位だった内村はこの日トップの86.965点をマークし、合計258.629点で逆転した。2位の白井健三(日体大)とともに世界選手権代表に決まった。

 3位は萱和磨で、全日本選手権で首位だった19歳の谷川翔(かける)=ともに順大=は最終種目の鉄棒での落下が響いて4位に終わった。

 世界選手権の男子代表5人のうち、残り3人は6月30日から2日間行われる全日本種目別選手権の結果を基に決まる。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 「首相と関係、一切ない」沈黙破った理事長
  2. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]