メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメフット

日大監督辞意「これが区切りではない」

 アメリカンフットボールの名門、日本大フェニックスの内田正人監督(62)が19日に辞意を表明した。関西学院大との定期戦(6日・東京)で相手を負傷させた守備選手の悪質タックルを呼んだ指示の有無は明言していない。公の場に現れなくなり約2週間。姿を見せると同時の突然の辞任表明にアメフット関係者は驚きを持って受け止めながらも、不信感は払拭(ふっしょく)できていない。【田原和宏、松本晃】

 日大との春季オープン戦実施を相次いで見送った関東学生連盟のライバル校。東大の森清之ヘッドコーチ(HC)は「辞任は報道で知った。内田さんが辞めても状況は何も変わっていない。タックルの指示をしたのかどうかなど事実関係を明らかにすることが大切。謝罪も辞任も、そのための第一歩にはならない」と厳しく指摘した。法政大の有沢玄HCも「辞めるのは内田監督の判断だが、これが区切りではない。アメフット界全体で再発防…

この記事は有料記事です。

残り1088文字(全文1478文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 「新型コロナの検査させて」 小学生らを誘拐未遂、容疑で23歳逮捕 兵庫県警

  3. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです