メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャリア

依頼を受け1週間分の料理を作り置き フレンチから転身「伝説の家政婦」

 「伝説の家政婦」と呼ばれる人がいる。家事代行サービス「タスカジ」で働く志麻さん(39)。フランスの三つ星レストランで修業し、人気フレンチレストランの料理人として15年のキャリアを持つ。めったに予約が取れないほどの人気で、自身のレシピ本の出版やテレビ番組への出演など活躍の幅を広げている。出たとこ勝負で、あり合わせの食材から10品以上の料理を作り置きするという志麻さん。フレンチレストランを去り、なぜ他人の家の台所を目指したのか。【中村かさね/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り4753文字(全文4988文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

  5. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです