メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
今どきの歴史

新装・JR東京駅前広場 時を重ねる景観とは

「世界一美しい広場」ともいわれるイタリア・シエナのカンポ広場=2日

 JR東京駅の皇居側に新装なった「丸の内駅前広場」(東京都千代田区)は、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて「東京の新しい顔」にと期待されている。完成式典には天皇、皇后両陛下、安倍晋三首相が出席した。日本を代表すべき景観として発信されたのだと思う。

 その目で広場に立つと、一つの特徴が見える。

 ここの主要な要素は、まず東京駅。12年、1914(大正3)年の創建時の姿に復元された。鉄骨れんが造り3階建ての当初の駅舎は、45(昭和20)年の空襲で3階が焼失。応急の復旧工事によって2階建てに変わっていたのを元に戻した。

 丸ビル。23(大正12)年にできた9階建てを2002年、37階(180メートル)に建て替えた。その…

この記事は有料記事です。

残り1271文字(全文1582文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです