メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

このごろ通信

コーヒーは本に似たり 堀部篤史(書店 誠光社店主)

 誠光社には、イベントや打ち合わせ時、もしくは常連客が来た際に提供できるよう、レジカウンターの中にコーヒーメーカーを設置している。結果、独立開業してから自身毎日飲むコーヒーの量が飛躍的に増加した。朝、店を開ける前にカウンターで一杯、午後、店を訪れる知人と談笑しながら一杯、夕方、集中力が途切れそうな時間に気付けの一杯。毎日飲んでも飽きが来ないものをと、親しい付き合いをしている喫茶店主お二人にオリジナルブレンドまで用意してもらった。30歳近くなるまでむしろ苦手意識を抱いていたコーヒーについて最近よく考えることがある。

 お酒と同様、嗜好(しこう)品であるコーヒーは、いくら飲んでも栄養価はなく、腹が満たされることもない…

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文823文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです