メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇散策

「夏芝居」吉右衛門の団七を=小玉祥子

 今のように冷房器具も発達していない時代。暑い夏に好んで上演されたのが、本当の水を用い、幽霊を出すなど、観客に心理的な冷気を感じさせる芝居である。「夏芝居」と呼ばれた。

 6月の東京・歌舞伎座の夜の部に登場する「夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)」もそのひとつだ。人形浄瑠璃で延享2(1745)年7月に大坂・竹本座で初演され、歌舞伎化された。主人公は店を持たずに魚を売り歩くぼてふりの団七九郎兵衛。今回は1963年に初演して以来、あたり役とする中村吉右衛門が演じる。

 クライマックスが「長町裏」。恩ある人の子息を助けるため、団七は女房お梶の父で、強欲な義平次を手にか…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁
  3. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  4. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  5. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです