メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寄稿

歌謡ロック開拓、一大市場に 西城秀樹さんを悼む=富澤一誠(音楽評論家)

ステージで熱唱する西城秀樹さん=東京都新宿区で1991年11月4日、島田邦光撮影

 西城秀樹が「情熱の嵐」「激しい恋」「傷だらけのローラ」などでブレークするまで“歌謡曲”は自作自演が主体のフォークやロックに比べると音楽性が低いと揶揄(やゆ)されていた。なぜなら、プロの作詞作曲家が作った曲をただ歌っているだけで、フォーク、ロックアーティストのように自分のメッセージがないと思われていたからだ。いわゆる“お人形さん”、そんなレッテルを貼られた扱いがそれまでの“歌謡曲歌手”だったのだ。

 しかし、そんな歌謡曲にロック色の強い要素を取り入れ、歌謡曲とロックを融合させたニュージャンルともい…

この記事は有料記事です。

残り979文字(全文1229文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 首相推薦1000人 昭恵氏分も 自民関係者のものが4割占める

  2. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. 「警察来ないと思った」 麻薬所持、沢尻容疑者供述

  5. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです