メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鵜川の棚田

美しい眺望、次代へ 都会のオーナー130人田植え 高島 /滋賀

琵琶湖を見下ろす鵜川の棚田の保全へ田植えをする都会のオーナー=滋賀県高島市鵜川で、塚原和俊撮影

 琵琶湖を見下ろす斜面に石垣を築いて段々に仕切った「鵜川(うかわ)の棚田」=高島市鵜川=で20日、江戸時代の遺産保全へ向けて組織した都会のオーナー約130人による田植えが行われた。3年目の今季は32区画(約3200平方メートル)に30組の応募があった。

 鵜川棚田保存会の山田善嗣会長(63)によると、鵜川の棚田は大津市境近くの湖岸から…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文418文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 富士宮市選管が集計ミス 職員の思い込みで 静岡
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです