メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福山市

先端技術でまちづくり シャープ、ソフトバンクと連携協定 /広島

センサーなどを手に広島県福山市の枝広直幹市長(右)に説明するシャープの森谷和弘・電子デバイス事業本部長=同市役所で、松井勇人撮影

 IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)などの先端技術でまちづくりの課題を解決しようと、福山市は家電大手のシャープ(堺市)、通信大手のソフトバンク(東京)とそれぞれ連携協定を結んだ。また、2社も参加する「まちづくり官民協議会」も設立。今後、市内での実証実験や環境整備などについて検討を進める。

 福山市役所で開かれた協議会の設立式で、枝広直幹市長は「市が新時代のモデル都市になる取り組みにつなげ…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文639文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず
  4. 猫連れ去り 盗まれた飼い主「大切な家族失った」 憤り隠せず
  5. 飼料から禁止薬物 JRA、15、16日東京、阪神、函館出走予定の156頭競走除外

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです