高松盆栽

世界にPR 県生産振興協、多言語HP開設 販路拡大へ 画像、動画で魅力発信 /香川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
高松盆栽を広く知ってもらおうと開設した専用ホームページ「Creative BONSAI 高松盆栽」の1シーン 
高松盆栽を広く知ってもらおうと開設した専用ホームページ「Creative BONSAI 高松盆栽」の1シーン 

 松盆栽の国内シェアの8割を占める高松市で、盆栽人気が高まっている海外への販路を拡大しようと生産者らが取り組みを進めている。外国人旅行客へのPRが先行する関東地方の産地に対抗するため、多言語の専用ホームページ(HP)を開設。縮小する国内での需要をカバーし、業界での存在感を維持したい考えだ。【山口桂子】

 市農林水産課によると、2015年に出荷された松盆栽のうち8割に当たる約5万4000本が高松産で、大半は鬼無、国分寺地区で育てられたものだ。両地区の生産者らでつくる「県盆栽生産振興協議会」の尾路(おろ)悟会長によると、愛好家の間で名高い「高松盆栽」は約200年前、自生していた木を鉢に植えて栽培したのが始まりと記録にも残っているという。温暖で雨も少ない環境は栽培に適しており、一大産地へと発展を遂げた…

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文1109文字)

あわせて読みたい

注目の特集