メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

歴史ある温泉地に出かけると…

[PR]

 歴史ある温泉地に出かけると「文人墨客(ぼっかく)に愛された」という宣伝文句を目にする。昔の芸術家はよく長逗留(ながとうりゅう)して小説を書き、絵を描いた。うらやましい限りだが、中でも夏目漱石は温泉好きで有名である▲「坊っちゃん」の愛媛・道後温泉、「草枕」の熊本・小天(おあま)温泉、「明暗」の神奈川・湯河原温泉……。漱石は「国民作家」、作品は「国民文学」と言われる。文芸評論家の川村湊(みなと)さんは著書「温泉文学論」で「『国民的』温泉文学の雄とも称せられるべき」と書いている▲漱石が大分の別府温泉にも行ったかどうかは別として、25日からここで「世界温泉地サミット」が初めて開かれる。温泉のある国内外の自治体代表らが参加し、観光や医療、エネルギーをテーマに議論する▲日本の温泉といえば、湯治文化を忘れてはならない。江戸期、庶民も湯治を楽しんだ。日本温泉協会によれば期間は3週間程度だったらしい。伊勢参りやこんぴら参りの行き帰りに一晩だけ温泉地に泊まる「一夜湯治」もあったというから、こちらは現代並みにせわしない▲環境省は昨年、温泉地の活性化に関する有識者会議を開いた。健康寿命を延ばすことや、心身のリフレッシュに温泉をどう役立てるか。まさに働き方改革に通じる▲小天温泉が舞台の「草枕」にもこうある。「智(ち)に働けば角(かど)が立つ。情に棹(さお)させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい」。昔よりストレスの多い現代社会なら、なおのこと温泉の効用がありがたい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「がんに勝つことは、生きるか死ぬかじゃない」米国で闘病中のポルノスター、まりかさんが直面したロックダウン

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 講演で「トイレ汚い」きっかけ 大間々駅前のトイレ清掃 23年間休まず1200回

  4. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

  5. 中国地方で大雨被害 島根・江の川が氾濫 広島では土砂崩れ、親子2人不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです