メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
カンヌ国際映画祭

是枝監督、最高賞 「万引き家族」 日本21年ぶり

 【カンヌ小林祥晃】フランスで開催されていた「第71回カンヌ国際映画祭」は最終日の19日夜(日本時間20日未明)、授賞式が行われ、コンペティション部門に出品していた是枝裕和監督(55)の「万引き家族」が、最高賞のパルムドールに輝いた。カンヌで日本人監督の作品が最高賞を受賞するのは、1997年の「うなぎ」(今村昌平監督)以来、21年ぶり5作目。授賞式で是枝監督は「さすがに足が震えています。この場にいられることが本当に幸せです」と喜びを語った。

 是枝監督の作品は、これまでカンヌ映画祭に計6回出品され、2004年の「誰も知らない」で主演の柳楽優…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文663文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 後輩球児の全力プレーに「熱男」も声援 中京学院大中京OBのソフトバンク松田

  4. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  5. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです