メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

入管施設

収容長期化、歯止めなく 人道配慮求める声も

不法滞在外国人を収容している大阪入国管理局

 入国管理局施設での収容を巡っては近年、自殺者が出るなどの問題が表面化している。収容は入管自らが判断するため、送還まで無期限に引き延ばすことも事実上可能となっており、収容者の支援者らは仮放免制度の柔軟な運用など人権上の配慮を求めている。

 「定住者」「留学」などの在留資格を持たない外国人に対し、入国管理局は入管難民法に基づき「収容令書」を出し、施設に最長60日間収容できる。その後の審査で強制退去にあたると判断されると、「退去強制令書」で送還まで無期限に収容できる。裁判所が出す逮捕状とは違い、いずれも入管が自ら発付する。

 人道的観点から、行動範囲などに条件を付けて施設を出られるようにする「仮放免」もあるが、収容が5年を…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文703文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  2. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  3. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  4. 沖縄慰霊の日 壕から出て命拾い 82歳「一生忘れぬ」
  5. 台北 「バイクの滝」橋埋め尽くす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]