タイ

学生ら年内総選挙要求 クーデターから4年

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2010年の軍治安部隊のデモ隊強制排除で亡 年くなった人を追悼する市民=バンコク中心部の交差点で19日、西脇真一撮影
2010年の軍治安部隊のデモ隊強制排除で亡 年くなった人を追悼する市民=バンコク中心部の交差点で19日、西脇真一撮影

 【バンコク西脇真一】タイで軍がクーデターで実権を握ってから22日で4年を迎える。軍事政権のプラユット暫定首相は、民政復帰に向けた総選挙を来年2月までに実施するとし、新党登録も始まった。だが、総選挙はこれまで繰り返し先送りされてきており、学生や民主活動家らは年内実施を要求している。

 「ティーニーミー コン ターイ(ここで人が死んだ)」。19日夕、バンコク中心部で群衆が連呼した。2010年、タクシン元首相派のデモを軍治安部隊が強制排除し、多数が死傷してから8年の追悼集会だ。

 「とにかく民主主義の第一歩である選挙の早期実施を求めたい」。学生リーダーのランシマン・ロームさん(26)は訴える。5人以上による政治集会の禁止令違反などで逮捕され、保釈中の身だ。選挙要求グループは21、22日に集会やデモを計画している。こうした動きに対し、プラユット氏は「平和と秩序が必要だ。総選挙の実施は彼ら次第だ」と、治安悪化を理由に延期をちらつかせてけん制する。

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文943文字)

あわせて読みたい

注目の特集