メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

NHK杯 内村、復活の10連覇

鉄棒の演技を終え、拳を握る内村=徳野仁子撮影

 体操の世界選手権(10月開幕、ドーハ)の代表選考会を兼ねたNHK杯は最終日の20日、東京体育館で男子個人総合が行われ、内村航平(リンガーハット)が優勝を果たし、10連覇を達成した。

 4月の全日本選手権個人総合の予選と決勝の得点と、この大会での得点の合計で争われ、全日本選手権で首位と0・832点差の3位だった内村はこの日トップの86・965点をマークし、合計258・629点で逆転した。2位の白井健三(日体大)とともに世界選手権代表に決まった。

 3位は萱和磨(順大)で、全日本選手権で首位だった19歳の谷川翔(かける)=同=は最終種目の鉄棒での…

この記事は有料記事です。

残り1119文字(全文1392文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです