メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「18歳成人」に思う

消費者被害の対策不十分 日弁連消費者問題対策委員長・瀬戸和宏さん(62)

 成人年齢の引き下げはメリットがほとんどなくデメリットがはるかに大きい。環境は整っておらず、引き下げは先送りすべきです。

 最大のデメリットは、親の同意のない法律行為を取り消すことができる「未成年者取り消し権」が18歳から適用されなくなること。消費者被害が拡大する蓋然(がいぜん)性が極めて高い。政府は対応策の一つとして消費者契約法の改正を挙げています。恋愛感情につけ込む「デート商法」などによる不当な契約を取り消すことができる規定を盛り込む内容ですが、全く不十分です。

 例えば、デート商法では、契約しないと「別れる」などと加害者が告げることが要件になっていますが、現実…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文695文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

  4. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

  5. 水川あさみさんと窪田正孝さんが結婚「にぎやかで面白い家庭を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです