メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あすの会

来月解散 犯罪被害者の権利に光 殺人罪の時効撤廃、裁判参加「成果」

岡村勲さん

 犯罪被害者の権利と被害補償の確立を目指し、2000年に設立された「全国犯罪被害者の会(あすの会)」が6月、解散する。殺人罪の時効撤廃や、刑事裁判への被害者参加など大きな変革をもたらした。設立メンバーで、中心的な役割を果たしてきた岡村勲弁護士(89)は「犯罪被害者が置かれた環境の改善という一定の目的を果たせた」と語る。【石山絵歩】

 岡村さんは1997年、顧問弁護士を務めていた証券会社に恨みを持つ男に妻真苗さん(当時63歳)を刺殺された。被害者・遺族の立場で刑事裁判を経験し、遺族が「証拠品」扱いされ、法廷の柵外に座らされることなどに疑問を感じて会の設立を決意した。

この記事は有料記事です。

残り1469文字(全文1753文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです