メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つくば市

ロボットで職員作業8割減 9月にも本格導入

データ入力などの実験結果発表

 つくば市は、一部の課で試行したロボットによる事業所データなどの入力作業について、職員の作業時間を約8割減らす効果が見込めるとの実験結果を発表した。市は9月にも本格導入する。

 こうした取り組みは「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」と呼ばれ、民間企業では導入が拡大している。

 市は今年1~4月、NTTデータ(東京都江東区)など3社と契約。市民税課の5業務、市民窓口課の1業務…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文490文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セサミストリート ビッグバード着ぐるみの役者が引退
  2. KYB改ざん データ欠落、安全揺らぐ 免震装置不正
  3. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  4. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  5. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです