メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中協議

「対米黒字を大幅減」声明 関税引き上げを保留

 【ワシントン清水憲司、北京・赤間清広】米中両政府は19日、ワシントンで17、18日に開いた閣僚級貿易協議の共同声明を発表した。中国が農産物など米国産品の輸入を増やし、対米貿易黒字を「大幅に減少させる」ことで合意。ムニューシン米財務長官は20日、米テレビ番組で「両国は合意事項の実施に努力している間、関税引き上げを留保することで一致した」と述べ、米中が制裁関税や対抗措置の発動をひとまず棚上げして協議を続ける方針を明らかにした。

 中国国営新華社通信によると、中国側代表を務めた劉鶴副首相も「両国は貿易戦争をせず、関税上乗せを停止…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです