メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

強制不妊手術

「全容、早期解明を」ハンセン病集会で識者

 ハンセン病問題を扱う市民団体「ハンセン病市民学会」(大阪市)の交流集会は20日、沖縄県名護市の国立療養所「沖縄愛楽園」で分科会を開き、戦前から戦後に続いたハンセン病患者への不妊手術などに関して議論した。識者から「検証は尽くされていない。全容を明らかにすべきだ」と早期解明を促す指摘が出た。

 各地のハンセン病療養所では、戦前から非合法に不妊手術や中絶が行われていた。旧優生保護法(1948~96年)下では、障害者らと共に対象とされ、本人と配偶者の…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文558文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  3. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
  4. 唐沢寿明 “充電旅”再び! 出川哲朗と軽井沢へ きょう放送
  5. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです