メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

「楽しそうに勉強」藤井七段に驚き 師匠・杉本七段

 将棋の魅力を探るイベント「大須で将棋を楽しもう OSU De Show技(ぎ)」(毎日新聞社主催、日本将棋連盟東海普及連合会・アイワット協力、大塚製薬・マイナビ協賛)が20日、名古屋市中区大須3の万松寺白龍ホールで開かれた。18日に史上最年少で七段に昇段したばかりの藤井聡太七段の師匠、杉本昌隆七段らによる指導対局やトークショーなどが行われ、将棋ファンら約100人が参加した。

 トークショーでは、杉本七段と講談「藤井聡太物語」を創作した講談師、旭堂鱗林(りんりん)さんが、藤井七段にまつわるエピソードを紹介しながら将棋の魅力を語り合った。藤井七段に同じ段位に追いつかれたことについて、杉本七段は「あらかじめ悔しくないというコメントを用意していたが、いざ実現したらちょっとは悔しかったですね」と話し、会場の笑いを誘った。また、藤井七段について「すごく楽しそうに自由に将棋の勉強を…

この記事は有料記事です。

残り130文字(全文519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  2. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  3. マスク補助ベルト、帯紐「水引」で鮮やかに 実用とデザイン備え 金沢

  4. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

  5. 北九州市で新たに16人 8日連続の感染確認 計85人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです