入管施設

不法滞在、長期収容急増 国、「仮放免」抑制

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
不法滞在の収容者数の推移
不法滞在の収容者数の推移

 不法滞在の外国人を収容する法務省入国管理局の施設で、収容期間が6カ月以上の長期収容者が急増している。全収容者のうち、2017年12月時点で36.8%に達し16年末より9ポイント増えた。在留資格がなくても人道的観点から施設を出られるようにする「仮放免」の手続きを国が抑制しているためとみられる。入管難民法では収容や仮放免は入管の判断だけででき、専門家は裁判所によるチェックの必要性を指摘している。

 法務省によると、17年12月19日時点で、全国の施設には1386人が収容され、長期収容者は36.8%の510人。16年末は収容者1133人のうち長期は313人で27.6%だった。

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文929文字)

あわせて読みたい

注目の特集