メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

入管施設

不法滞在、長期収容急増 国、「仮放免」抑制

不法滞在の収容者数の推移

 不法滞在の外国人を収容する法務省入国管理局の施設で、収容期間が6カ月以上の長期収容者が急増している。全収容者のうち、2017年12月時点で36.8%に達し16年末より9ポイント増えた。在留資格がなくても人道的観点から施設を出られるようにする「仮放免」の手続きを国が抑制しているためとみられる。入管難民法では収容や仮放免は入管の判断だけででき、専門家は裁判所によるチェックの必要性を指摘している。

 法務省によると、17年12月19日時点で、全国の施設には1386人が収容され、長期収容者は36.8…

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文929文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  2. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  3. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  4. 沖縄慰霊の日 壕から出て命拾い 82歳「一生忘れぬ」
  5. 台北 「バイクの滝」橋埋め尽くす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]