メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 山尾悠子さん 不燃性という幻想世界

山尾悠子さん=内藤麻里子撮影

 ■飛ぶ孔雀 山尾悠子(やまお・ゆうこ)さん 文芸春秋・2160円

 若くして幻想文学の旗手とうたわれた知る人ぞ知る作家の、8年ぶりとなる連作長編小説。曖昧なイメージの上に徐々にピースが積み重なり、大きな物語世界が築かれていく過程は読んでいて快感だ。

 「1 飛ぶ孔雀(くじゃく)」「2 不燃性について」の2部構成。ここは火が燃えにくくなった世界。そんななか1部は、夏の庭園で娘2人による火を運ぶ儀式が行われる。さまざまな人物が出くわしたもの、耳にした言葉が散発的に記され始める。「前編の1部は、徹底して日本のイメージでいった。原風景、子どもの頃の記憶、育った岡山の土地や関西方面で目に触れたあれこれの断片が入っています」

 2部は地下世界をさまよっていた男が山頂へ向かう。「完全に架空の世界にする予定が、そこまではいかなか…

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文917文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イタリア 高速の高架橋崩落で35人死亡 車20台落下か
  2. 名大・旧制高 「クラス日誌」公開 理系生徒、戦時の本音
  3. 戦争を知らないけれど /1(その1) 42歳、玉砕を漫画に 生還兵「あなたは戦ったのか」
  4. 日本文学研究者 キャンベルさん、同性愛公表し議員批判
  5. 水上特攻艇「震洋」 造った元船大工「国のため」信条曲げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです