メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トレンドに迫る

2.5次元ミュージカル 劇画さながら、役者鍛える

阿久津仁愛

 漫画やアニメ、ゲームといった二次元の作品を舞台(三次元)にした「2・5次元ミュージカル」。2016年には過去最高の133作品が上演され、150万人を動員した。演劇の新たなジャンルとして存在感を増しつつある「2・5次元」の現状を追った。

 「おれは、いつか小さな巨人になるって決めたんだ!」

 4月28日、東京・日本青年館ホールで初日を迎えた「ハイキュー!! “はじまりの巨人”」は、高校バレー部が全国大会出場を目指す漫画を舞台化した作品で、今作がシリーズ5作目だ。試合の場面は激しいダンスやワイヤアクションに、プロジェクションマッピングを組み合わせ、劇画さながらの迫力を表現する。

 会場は20~30代の女性が大多数で、制服姿の少女も目立つ。開演前にはグッズ販売に長蛇の列ができるほ…

この記事は有料記事です。

残り1674文字(全文2013文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. ORICON NEWS 中居正広、3年半ぶり『ワイドナショー』出演 松本人志「変な感じ」
  4. リゼロ テレビアニメ第2期の制作決定 ティザービジュアルにスバルとエミリア
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです