メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

伊藤銀次 死ぬまでウキウキ ポップな半生「自伝」に

=根岸基弘撮影

 ロックアーティストとして半世紀近く第一線で活躍している伊藤銀次が、このほど『伊藤銀次 自伝 MY LIFE,POP LIFE』(シンコーミュージック・エンタテイメント)を刊行した。腕利きのアレンジャー、そしてプロデューサーとしても、佐野元春や沢田研二、ウルフルズらと共作してきた。「これは自伝ですが、日本のロックとポップス史としても読んでもらうことができます」と語る。

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1032文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  3. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  4. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発
  5. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです