連載

麺食い・列島味便り

地方で食べた麺の思い出や感想、紹介してほしいご当地麺などをお寄せください。メール:shuto@mainichi.co.jp▽郵送:〒100-8051 毎日新聞東京本社地方部・麺食い係(住所不要)

連載一覧

麺食い・列島味便り

白石温麺(うーめん) 宮城・白石 現代の健康志向にマッチ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大葉とショウガの薬味が効いたゴマだれで食べる冷たい温麺=宮城県白石市の「佐藤清治製麺」で、升谷志摩撮影
大葉とショウガの薬味が効いたゴマだれで食べる冷たい温麺=宮城県白石市の「佐藤清治製麺」で、升谷志摩撮影

 宮城県南部の白石市と蔵王町で長年親しまれているそうめん類の乾麺がある。温麺と書いて「うーめん」と読む。白石川の清い水、蔵王おろしの乾いた寒い風……。地元は麺を作る環境に恵まれている。その始まりは400年前の江戸時代初期までさかのぼる。

 白石城下で暮らしていた鈴木味右エ門という人物がいた。父が胃を病んで寝込んでいたため、胃に負担がかからない食べ物を探していた。そして、旅の僧から油を一切使わない麺の作り方を教えてもらう。早速、その麺を温めて父に食べさせたところ体調が回復したという。この孝行話を知った領主の片倉小十郎が、父親への温かい思いやりの気持ち=温情=をほめた。それが温麺の名の由来とされる。その後、製法が秋田県に伝わり、日本三大うどんの一つ「稲庭うどん」のルーツになったという説もある。

 温麺の長さは9センチと短い。油を一切使わず、小麦粉と塩水だけで作るため、舌触りも良く、消化にいい。夏は冷やして、冬は温めて食べるのが一般的だが、シンプルな味わいのため、サラダやチャンプルーなど料理のバリエーションは豊富だ。

この記事は有料記事です。

残り910文字(全文1370文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集