メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 透析治療態勢整わず 古里帰還の患者、長距離通院が負担 /福島

 東京電力福島第1原発事故発生から7年が過ぎ、県内の被災地では避難先から古里へ帰還する人工透析患者も増えてきた。しかし、帰還しても医療機関の受け入れ態勢が整っておらず、患者は周辺自治体に長距離通院を強いられている。

 事故で一時、全域避難となった富岡町で透析治療を行っていた「富岡クリニック」は昨年4月、40キロ以上離れたいわき市に仮設診療所を開いた。同年7月にはワゴンタクシーを使い、近隣の富岡、楢葉、広野の3町の患者送迎を始めた。

 2012年3月末の避難指示解除後、広野町に帰還した松本弘行さん(77)は、仮設診療所の開設当初、往…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文653文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  4. 札幌爆発 周辺住民、不安の夜 150メートル先ガラスも割れ
  5. 電気製品 つなげすぎると火災の危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです