メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

常設展

「宿札」を初公開 戊辰戦争150年記念し展示 会津若松で /福島

 会津若松市城東町の市歴史資料センター「まなべこ」で、戊辰(ぼしん)戦争150年を記念した常設展「会津藩士の戊辰戦争」が開かれている。長岡藩主の牧野忠訓(ただくに)が会津に逃れる際に使った「宿札」などを初公開。戊辰戦争を中心に会津藩士らの歴史を紹介している。

 宿札とは大名などが宿泊している宿屋の前に掲げた札のこと。今回初公…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文407文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
  2. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  3. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  4. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  5. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです