メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とちぎキャンパる

日光と人つなげたい 若者交流の場「創新塾」の活動受け継ぐ まちづくり有志団体「250+」発足 /栃木

 世界的な観光地「日光」。日光市の観光入り込み数が年間1200万人を超える一方で、若者の人口減少は深刻化している。これを受け同市は、2013年に若者の交流の場「日光創新塾」を設立。毎年30人の塾生を募集し、活動を通して若者によるまちづくりの実践を行ってきた。今年3月に当初の予定通り5年間の活動を終え解散。そこで生まれたネットワークは若者による有志のまちづくり団体「250+」(ニッコウプラス)につながった。今年新たに発足した250+の活動を取材した。【宇都宮大・渡辺美和子】

 JR日光駅の隣駅、JR今市駅と東武下今市駅をつなぐ駅前の県道は、観光客や学生が行き交うメインストリ…

この記事は有料記事です。

残り2169文字(全文2457文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです