メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とちぎキャンパる

日光と人つなげたい 若者交流の場「創新塾」の活動受け継ぐ まちづくり有志団体「250+」発足 /栃木

 世界的な観光地「日光」。日光市の観光入り込み数が年間1200万人を超える一方で、若者の人口減少は深刻化している。これを受け同市は、2013年に若者の交流の場「日光創新塾」を設立。毎年30人の塾生を募集し、活動を通して若者によるまちづくりの実践を行ってきた。今年3月に当初の予定通り5年間の活動を終え解散。そこで生まれたネットワークは若者による有志のまちづくり団体「250+」(ニッコウプラス)につながった。今年新たに発足した250+の活動を取材した。【宇都宮大・渡辺美和子】

 JR日光駅の隣駅、JR今市駅と東武下今市駅をつなぐ駅前の県道は、観光客や学生が行き交うメインストリ…

この記事は有料記事です。

残り2169文字(全文2457文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  2. 空自のF2戦闘機がレーダーから消える 山口県沖、搭乗の2人は見つかる
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  5. ふるさと納税でアマゾンギフト券100億円 泉佐野市が総務省に対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです