連載

クローズアップ2018

日々のニュースを深掘りして解説します。

連載一覧

クローズアップ2018

愛媛県が新文書 首相、問われる「矛盾」 与野党、説明求める声(その2止)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

「国民、ふに落ちぬ」

 首相が2015年2月に加計学園獣医学部新設の計画を学園理事長から直接、聞いていたとする愛媛県の文書が国会に提出され、野党は「昨年1月20日に計画を知ったとの首相答弁は虚偽だった」と一斉に反発した。首相の国会答弁の信ぴょう性が疑われる事態となり、与党幹部からも首相に説明を求める声が上がった。

 立憲民主党の辻元清美国対委員長は記者団に「国民を欺くことに近い。うそをうそで上書きして、書き直そうとしても無理ということだ」と首相の対応を批判した。

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文765文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集