メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
火論

埋もれた苦悩=玉木研二

 <ka-ron>

 旧優生保護法のもと、遺伝性疾患や障害などを理由に不妊手術を強いられた人々がその不当を訴え、国という壁に挑んでいる。「人間としての尊厳」を回復しようという叫びでもある。

 若い世代の記者らが埋もれた過去を掘り、キャンペーンを張っている。その暗然とさせる事実に動揺し、ほとんど思いも致さなかった隠れた実態に私は自分の無知を知る。

 旧法にからんで改めて思い起こす「放言」がある。

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文982文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

  3. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  4. 韓国側との情報共有、防衛相「オファーはしたい」 北朝鮮ミサイル発射

  5. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです