メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
月刊・時論フォーラム

日銀の金緩緩和/朝鮮半島情勢

金融政策決定会合を終え、記者会見する日銀の黒田東彦総裁=東京都中央区の日銀本店で4月27日、手塚耕一郎撮影

 政治と経済、外交。国際社会はいずれも画期を迎えている。識者が論壇での現代社会を読み解く本欄では今月、井手英策・慶応大教授がアベノミクスの下で進む金融政策と1990年代以降の財政政策を分析しつつ、「成長依存社会」脱却の道を探った。また朝鮮の南北首脳会談が行われ、さらに米朝首脳会談が決まるなど北東アジア情勢が激変する中、石原俊・明治学院大教授と吉田徹・北海道大教授はそれぞれの視座から日本が果たすべき役割を指摘した。

この記事は有料記事です。

残り4353文字(全文4561文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  2. 渡辺邦夫・幸手市長が辞職へ 広島で暴行事件

  3. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

  4. 投打で圧倒、星稜24年ぶり決勝に名乗り 奥川10K 中京学院大中京、二塁踏めず

  5. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです