メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

斎藤健氏/下 「評伝 原敬」 平民宰相の「大局観」

自宅書斎で本を手にする斎藤健農相=宮武祐希撮影

 修羅場をくぐり、あらゆる分野に精通した「政治家の最高傑作」が原敬だと思っている。出身地の盛岡市の原敬記念館には2度行ったし、「平民宰相」らしく位階を記さず「原敬墓」とだけ書かれた大慈寺の墓にもお参りした。

 1983年に通商産業省に入ってから、旧陸海軍を扱った「失敗の本質」(84年出版)を読んで衝撃を受けた。「陸海軍」の語句を「通産省」と読み替えても通用する。軍という「究極の官僚組織」が、300万人と言われる犠牲者を出して何も学んでいないのではないか。そんな問題意識を強く持った。

 問題は、世界に称賛された日露戦争の勝利から第二次大戦までの間に何が変わったのかだ。ゼネラリストであ…

この記事は有料記事です。

残り777文字(全文1069文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  3. J1神戸 ポドルスキ暴言問題に無言…進展なしもインスタ更新(スポニチ)
  4. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです