メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

核合意離脱 欧州企業、イラン離れ 制裁復活を警戒

 【ワシントン会川晴之】欧州企業のイランビジネスからの撤退表明が相次いでいる。トランプ米政権が8日、主要6カ国(米英仏独中露)とイランが2015年に結んだ核合意からの離脱を表明、イランへの制裁復活を宣言したことに警戒を強めているためだ。核合意維持をイランと確認するなどトランプ政権の暴走に歯止めをかけたい英仏独首脳の思惑と逆行する動きが続いている。

 イランとのビジネスからの撤退を表明したのは、仏石油大手のトタルや、デンマークの海運会社大手のマース…

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文970文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです