メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

核合意離脱 欧州企業、イラン離れ 制裁復活を警戒

 【ワシントン会川晴之】欧州企業のイランビジネスからの撤退表明が相次いでいる。トランプ米政権が8日、主要6カ国(米英仏独中露)とイランが2015年に結んだ核合意からの離脱を表明、イランへの制裁復活を宣言したことに警戒を強めているためだ。核合意維持をイランと確認するなどトランプ政権の暴走に歯止めをかけたい英仏独首脳の思惑と逆行する動きが続いている。

 イランとのビジネスからの撤退を表明したのは、仏石油大手のトタルや、デンマークの海運会社大手のマース…

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文970文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ことば 紀の川小5刺殺事件 /和歌山
  2. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 10代の自殺、昨年32人増加 全体では9年連続減り2万840人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです