メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中閣僚級協議

貿易、残る火種 対米黒字削減、具体策あいまい

共同声明の主なポイント

 【ワシントン清水憲司、北京・赤間清広】米中両政府は、ワシントンで先週開いた閣僚級協議で、制裁措置の発動を棚上げする「一時休戦」で合意したことを明らかにした。中国は米農産物などの輸入増を約束したものの、対米貿易黒字を削減する具体策はあいまいなまま。「貿易戦争」の懸念はひとまず遠のいたが、今後の協議で対立が再燃する可能性は消えない。

 「合意事項の実施に努力する間、関税引き上げを留保することで一致した」。閣僚級協議に出席したムニュー…

この記事は有料記事です。

残り998文字(全文1214文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  2. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  3. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝
  5. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです